単一火炎発生源テスト

EN ISO 11925-2

ヨーロッパの分類建設製品指令では、壁と屋根ふき材の製品および床仕上げ材で様々な性能クラス(AからF)が設定されています。より上位の区分は、屋根ふき材と壁面材ではSBI装置で、あるいは床張材製品では放射パネルテストの性能によって認められます。FTT では、これらの両方の装置を製造しています。

「単一火炎発生源テスト」は「ISO 11925-2: 建築用製品に対する燃焼挙動テスト -2部 : 炎の直接衝撃にさらされた場合の可燃性」に従って行われます。装置は、ドイツのKleinbrenner手法に基づき、放射束密度0で、炎の直接衝撃にさらされた場合の、垂直方向での製品の可燃性を決定します。

FTT 発火性試験装置は、安全装置を組み込んだ、使いやすい完全システムとして供給されます。

寿命を最長化できるよう、燃焼室は、耐腐食性のステンレス鋼から作られています。大きな正面および側部扉で容易なアクセスが可能になっています。窓には強化ガラスがはめこまれ、テストの間に標本の外観を確認できます。

FTT 発火性試験装置の主な特徴は次のとおりです:

  • ランナーにマウントされた、広範囲に調整可能なバーナアセンブリ。標本に対して45°の角度で、小さな予混合火炎を傾け、単一の流体移動で提示。
  • 60mm以下の厚みの標本を収容できる標本ホルダー
  • 完全に調整可能な標本サポートフレーム。標本ホルダーの並進運動の促進し、火炎を、標本中心位置、あるいは水平間隔ポイントのいずれかから適用できます。
  • フロー、温度および時間のシンプルかつ正確な測定を行えるデジタル風速計/温度計およびストップウォッチ。

Fire Testing Technology

Unit 19, Charlwoods Road, East Grinstead,
West Sussex, RH19 2HL, UK

Tel.: +44.(0)1342.323600
Fax: +44.(0)1342.323608
Email: sales@fire-testing.com

Company Reg. No. 2387681
VAT Reg. No. 528.0253.63

ja日本語
ja日本語 en_GBEnglish (UK) de_DEDeutsch es_ESEspañol zh_CN简体中文
Scroll to Top