熱発生装置のOSU率

FAR 25.853(-1)(FAA引火試験ハンドブック) -- 5章;材料と製品の発熱および可視発煙率のASTMのE906の標準試験方法

熱発生率測定装置は、FAR 25.853[-1]必要条件に従い、航空機内部キャビン材料を35kW/m2の事象放射熱流束に曝露するために使用されます。

FTTの熱発生率測定装置は、包括的な安全装置を組込み、FAAおよびASTMテストの両方について、信頼あるテストデータを供給できる、完全な装備を備えています。この装置は、FAA引火試験ハンドブックの5章に従って構築され、「測定室」、「制御装置」、「データ収集・解析システム」の3つの部分からなります。この装置の構成は以下の通りです:

  • ステンレス鋼断熱測定室、ガスケット付きドアと監視窓あり
  • 熱源としてのグローバーエレメントのマッチングセット(耐腐食性のステンレス鋼ハウジング付き)。
  • 熱流束均質性を容易に調節できる二重グローバー・パワーコントローラー
  • 上部パイロット、下部パイロット(火花点火器付き)および較正メタン・ガスバーナー
  • 熱計測用サーモパイル、煙突の5つの高温熱電対と、エアチャンバの低温熱電対
  • 気流分配システムと単排気管
  • プレッシャープレート、マウンティングブラケットと滴受け付き標本ホルダー
  • Stand-alone control unit housed in 19″ rack, with:
    – Thyristor control for radiant heat source
    – Flow control for burners
    – Controls for air supply system
  • 測定熱流束メーター
  • ソフトウェア、インターフェース、コンピューターおよびレーザープリンター

ソフトウェア:
FTT さらにFTTの計装、あるいは既存の機器とあわせて使用できる熱発生装置のOSU率データ収集と分析を行う、スタンドアロンのパッケージソフトを提供しています。

The OSU Rate of Heat Release Apparatus is a sophisticated fire testing instrument, designed to make the calibration and use of the instrument user-friendly. The OSU Software package’s acquires test data, assists with calibration routines and automatically generates test reports. The User interface is a Microsoft based system with push button actions and standard Windows data entry fields, drop down selectors, check boxes and switches. 

Instrument Supplied with Software at no extra charge. Software updates provided free of charge

ソフトウェア機能:

  • 変換器信号の表示 
  • 発熱速度測定
  • 自動ファイル命名
  • データ収集
  • データプレゼンテーション
OSU Rate of heat release FAR 25.853

熱発生装置のOSU率