温度酸素指数装置

ISO 4589-3; NES 715

FTT 酸素指数(OI) と温度酸素指数(TOI)は、Stanton Redcroft FTAとHFTAをそれぞれ置換するもので、多くの改良が行われています。

高精度、高信頼性、長寿命の最新の酸素濃度計技術です。

酸素指数による可燃性の決定
酸素指数は、可燃物についての、最も経済的かつ最も正確な品質管理試験と考えられています。この技術は、高レベルの精度と使いやすさから、プラスチックと電線製造産業で主要な品質管理ツールとして使用され、さらに複数の軍事・輸送グループからも指定を受けています。この技術では、要求される燃焼支援がわずかな試験環境での酸素の最小パーセンテージを測定します。

温度酸素指数モジュール(TOI)は、新しい FTT 酸素指数装置、あるいは従来型の任意の装置とあわせて使用することで、125°Cまでの昇温での酸素指数を決定することができます。調査では、可燃性の決定要素として、空気中の材料燃焼による昇温は、従来の酸素指数よりも優れていることが示されています。ガス温度が増加すると、酸素指数値は低下します。FTT の装置は、ISO 4589パート3あるいは英国海軍エンジニアリング標準NES 715に従って、温度酸素指数を決定することができます。試験での昇温は、あらかじめ熱したガス温度レベルの調節によりセットされ、加熱ガラス炉の壁温が設定されます。両方の加熱セクションの温度が、温度指数制御装置に連続的に表示されます。異なる酸素レベルを使用して実験を行う場合、テスト間で、統合静音実行ポンプからの空気により、ガス保存が達成されます。容器入り窒素と酸素の供給は、試験用システムにのみ切り替えられます。

FTT のユニットは、コンパクトな設計で、標準ドラフトチャンバー(またはオプションとしてシンプルな換気フード下)で、効率的に使用できます。酸素指数ユニットは、試験環境中の酸素濃度の連続的なデジタル読取値を提供し、テスト濃度の迅速な設定を促進します。デジタル読取値は、安定した酸素パーセンテージを表示し、追加のフロー調節を行う必要はありません。これは、アナログゲージまたはフローマッチ、ならびに酸素濃度計算グラフや表が必要なシステムと比較して、大幅な改良点となっています。これによって、ユニットでは可能なすべての自動化が行われています。

特徴:

  • 400°Cまでの試験昇温
  • サンプル温度のデジタル表示
  • カラムおよび予熱器温度のデジタル表示
  • 透明放射熱テストカラム
  • 非常に効率的なガス予熱器
  • スタンバイ中に酸素および窒素供給を保存する空気ポンプ

仕様:

  • 酸素濃度のデジタル読取値: +/-0.1%
  • 寸法(mm): 350 (幅) × 370 (奥行) × 280 (高さ)
  • 柱幅(mm): 160最大(直径)×75mm(内部直径)×570(高さ)
  • 重量: 17 kg
  • 電圧: 230V 50Hz 10.25A または 110V 60Hz 20.5A
  • 操作説明書: あり
  • その他サービス要件: 容器入り O22/N2, Propane, Requires 酸素指数

Fire Testing Technology

Unit 19, Charlwoods Road, East Grinstead,
West Sussex, RH19 2HL, UK

Tel.: +44.(0)1342.323600
Fax: +44.(0)1342.323608
Email: sales@fire-testing.com

Company Reg. No. 2387681
VAT Reg. No. 528.0253.63

ja日本語
ja日本語 en_GBEnglish (UK) de_DEDeutsch es_ESEspañol zh_CN简体中文
Scroll to Top