束ねたケーブルの燃焼挙動

EN 50399

EN 50399 はIEC 60332-3に基づき、熱発生率測定と改良吸気システムが追加されています。これは装置の排気系統に、配管の小型計装付きセクションをはめ込み、関連するFTT ガス分析計装およびソフトウェアとあわせて使用することで行われます。配管セクションは、すべてのガス採取探針、温度およびマスフロー探針を含み、煙検量システムのポートを備えています。

ガス分析器は、19"の計装ラックに収容され、次のものを含んでいます:

  • 酸素濃度計(常磁性)。主要な熱発生測定のための温度供給と圧力補正。
  • 熱発生測定で使用する二酸化炭素アナライザー(赤外線)
  • 二段階すすフィルタ、冷却コールド・トラップ、乾燥カラム、ポンプ、分析の前に試料ガス調整を行う廃棄物調整装置
  • 煙測定システムの制御装置(ご購入済みの場合)
  • データロガー(ご購入済みの場合)

FTT デュアルコーン熱量計、ISO 9705ルームコーナーテストあるいはSBIを既にお持ちのクライアント様は、コーン計測器でIEC 60332-3に準拠した発熱速度を測定できます。またはEN 50399ガス分析ラックを、その他熱量計(例えばFTTデュアルコーン熱量計等)の計測に使用することもできます。

束ねたケーブルの燃焼挙動

IEC 60332-3

欧州委員会およびヨーロピアン・ケーブル・インダストリー(EUROPACABLE)は、ヨーロッパ全域を対象とする、建設製品指令(CPD)の下での電線評価の分類基準の最終的な策定を進めています。この分類は、発熱および発煙測定器を取り付けた、従来のIEC 60332-3試験装置から得られた結果を利用しています。前者は、燃焼プロセスで生成される酸素消費量および二酸化炭素の連続的な測定値から算出されます。新しい試験プロトコルの基礎は、FTTのアンドリュー・グリーンほか、SP(スウェーデン)、ISSeP(ベルギー)、CESI(イタリア)、インターサイエンス(イギリス)の各機関のスタッフにより、EC助成によるFIPECプロジェクトの一環として作成されました。このプロジェクトの代表者は、FTT ディレクターのスティーヴン・グレーソンです。

熱発生率を測定するために既存のIEC 60332-3装置を改造
熱発生率を測定するための既存のIEC 60332-3装置の転換は、装置の排気系統に、配管の小型計装付きセクションをはめ込み、関連するFTT ガス分析計装およびソフトウェアとあわせて、修正済の試験プロトコルを使用することで行われます。配管セクションは、すべてのガス採取探針、温度およびマスフロー探針を含み、煙検量システムのポートを備えています。

ガス分析器
これらは、19"の計装ラックに収容され、次のものを含んでいます:

  • 酸素濃度計(常磁性)。主要な熱発生測定のための温度供給と圧力補正。
  • 熱発生測定で使用する二酸化炭素アナライザー(赤外線)
  • 二段階すすフィルタ、冷却コールド・トラップ、乾燥カラム、ポンプ、分析の前に試料ガス調整を行う廃棄物調整装置
  • 煙測定システムの制御装置(ご購入済みの場合)
  • データロガー(ご購入済みの場合)

FTT デュアルコーン熱量計、ISO 9705ルームコーナーテストあるいはSBIを既にお持ちのクライアント様は、コーン計測器でIEC 60332-3に準拠した発熱速度を測定できます。またはIEC ガス分析ラックを、その他熱量計(例えばFTT デュアルコーン熱量計等)の計測に使用することもできます。

煙測定システム
FTTは、発煙性測定の標準規格に適合する、レーザーあるいは白色光システムを提供しています。このレーザーシステムは、コーン熱量計で使用されるものと同様で、ISO 5660に適合し、高度な騒音低減機能が組込まれています。白色光システムは、SBIテストで使用されるものと同様で、DIN 50055に適合します。

Fire Testing Technology

Unit 19, Charlwoods Road, East Grinstead,
West Sussex, RH19 2HL, UK

Tel.: +44.(0)1342.323600
Fax: +44.(0)1342.323608
Email: sales@fire-testing.com

Company Reg. No. 2387681
VAT Reg. No. 528.0253.63

ja日本語
ja日本語 en_GBEnglish (UK) de_DEDeutsch es_ESEspañol zh_CN简体中文
Scroll to Top