耐火感度/可燃性試験装置

ISO 5657

耐火感度/可燃性は、放射熱源を使用して点火された有形物の能力として定義され、最初に示されるべき特性の1つで、あらゆる火災の危険の評価に大きく寄与します。

耐火感度/可燃性試験装置はISO 5657およびBS 476パート13に適合します。装置は主に建築材料と合成物のテスト向けに設計されていますが、サイズ165mm×165mmおよび最大厚さ70mmまでのすべてのサンプルをテストできます。耐火感度/可燃性試験装置は、建築材料あるいは本質的に水平にマウントされた材料の*および標本の任意の露出面の点火特性を測定します。

FTT 耐火感度/可燃性試験装置:
このテスト装置は、試験片を押圧プレート間に水平に留め、標本の天端の定義されたエリアを放射熱に露出させるサポートフレームワークから成ります。

この放射熱は上に位置し標本サポートフレームワークで支持される放射コーンによって供給されます。自動口火アプリケーションメカニズムは、ラジエーター・コーンを通って、テスト火炎を標本表面の中心の上位置にあわせるために使用されます。標本挿入と位置決めトレーによって、標本支援フレームワークの押圧プレートに標本を正確に合わせます。またスクリーニングプレートで、装置への挿入時に標本の表面を保護します。

主な特徴:

テスト装置 -

  • コーン試料支持材メカニズム用フレームワーク
  • コーン放射炉を使用した、10-50kW/m2の間の放射レベル。
  • 押圧プレートのカウンターウェイト
  • 押圧プレートのカウンターウェイト
  • フラッシュバックアレスタ付きで再点火準備を行うパイロットガス・ライン
  • 口火適用メカニズムおよび電動部アセンブリで、4秒ごとにサンプル平面上での口火の正確な位置あわせを実行
  • 第2着火源

制御装置 -

  • 三条件温度調節器
  • 温度計と加熱アラーム
  • パイロット速度調節器
  • タイマー
  • 装置には、較正を行うための磁束計があわせて供給されます。

供給要件:

電圧: 240V- 50/60 Hz -15A
ガス: 口火のためのプロパンおよび空気。
水: 磁束計の冷却向け。

Fire Testing Technology

Unit 19, Charlwoods Road, East Grinstead,
West Sussex, RH19 2HL, UK

Tel.: +44.(0)1342.323600
Fax: +44.(0)1342.323608
Email: sales@fire-testing.com

Company Reg. No. 2387681
VAT Reg. No. 528.0253.63

ja日本語
ja日本語 en_GBEnglish (UK) de_DEDeutsch es_ESEspañol zh_CN简体中文
Scroll to Top