iCone²⁺ 熱量計

ISO 5660; ASTM E1354; ASTM E1474; ASTM E1740; ASTM F1550; ASTM D6113; CAN ULC 135; BS 476 Part 15

The iCone²⁺ Calorimeter (ISO 5660; ASTM E1354) is the latest in the FTT Cone range and incorporates all of the best features of our range of cone calorimeters. It offers cutting edge PCB based technology, in a modular and robust build with remote communication, cone operation and diagnostic facilities that allow FTT the capability to efficiently respond, diagnose problems and service installations in all corners of the world.

iCone² は、世界で最も高度で、信頼性が高く、見やすく使いやすいコーン熱量計です。

The Cone Calorimeter is the most significant bench scale instrument in the field of fire testing. Building on FTT’s decades of expertise in design and manufacture of calorimeters, the iCone²⁺ features an interactive and intuitive interface, automatic or manual control, sophisticated and flexible control options, and built-in data acquisition technology for robust data collection, analysis and reporting. It incorporates many new features not previously seen by fire testing laboratories, while being compact, accurate, reliable and easily maintained.

All FTT calorimeters use a Peltier cooling device and drying agent to ensure that all moisture is removed from the sample gas stream to prevent drift in the Oxygen base-line concentration. Tests have shown that just using a Peltier cooling device leads to base line oxygen drift beyond the limits of the standard and resulting in incorrect Heat Release measurement.

直接測定機能:

  • 発熱速度
  • 発火までの時間
  • 質量損失率
  • 発煙リリース割合
  • 燃焼の有効熱
  • 燃焼ガスの排出率(例えば酸化炭素など)

本機について記述する国際基準が公開され、またいくつかの全国標準機関では完成品性能を評価する際のコーン熱量計の使用の基準を公開しています。

iCone²:の独自の機能:

  • Online support and remote diagnostics add control of instruments from FTT for quick and effortless support
  • 最新の表面マウントPCBテクノロジーに基づいた設計
  • PCB標準寸法設計で可用性とおよび信頼度を向上
  • 熱ドリフトを除去し、より容易なセットアップおよび較正が可能な改良レーザー取付システム
  • 計装平均寿命を改善する強健なエンジニアリング
  • PCBおよびタッチスクリーン・テクノロジーによる最新世代のガス濃度計
  • 遠隔のコーン・ヒーター組立体位置決め制御により、ヒーター試料表面分離をテスト前およびテスト中に調整し、標本の熱膨張や曲げ試験を促進することができます。
  • プログラム可能な熱流束接触管理。10件までの連続熱流束のランピングまたはホールディング過程をプログラムできます。
  • テストの前に標本を熱との接触から保護する電動熱シールド
  • 5.5″ colour touchscreen test control panel, adjacent to specimen, supplements principal computer control
  • ConeCalcソフトウェアによる自動測定

オプション:

  • 二酸化炭素および一酸化炭素 - NDIRガス濃度計もオプションで利用可能
  • 全表面に関する一定熱流束下での発熱速度が非常に低い標本をテストする、より大きなコーン型火災モデル(オプション)
  • 調節雰囲気アタッチメント - 高度に発展した火炎下の低酸素雰囲気中、あるいはガス状反応抑制剤あるいはその他動的な調節雰囲気環境による影響の検討を行う場合の標本テスト向け。コーンアセンブリは、円錐のみによって排出される排気ガスを含むエンクロージャの最上部に位置します。従来のコーンアセンブリはキャビネットに置換されていますが、通常のコーンと同じコントローラーを使用します。アセンブリの正面には、監視窓付き扉があります。このユニットは、標準火災モデルをシンプルに切り替えることができます。
  • FTIR Toxicity Test System – an advanced gas analyser used for continuous measurement of combustion gases in conjunction with FTT‘s cone calorimeter, Smoke Density Chamber or Single Burning Item.
  • Cone Corrosimeter – built in accordance with ASTM D5485 and used for assessing the corrosive potential of combustion products.
  • 統合計算機システム。
  • ザルトリウス製ロードセル(範囲を増強)。
  • すす質量サンプリング。

ソフトウェア:

Instrument Supplied with Software at no extra charge. Software updates provided free of charge.

Cone Calorimeter manufactured by Fire Testing Technology, known as the iCone 2+

iCone² 熱量計

FTT World Map

FTT 熱量計 世界45カ国以上で機能