FAAマイクロ熱量計

正確でコスト効率の良いマイクロ熱量計は、熱分解燃焼フロー熱量計(PCFC)ASTM D7309を使用しています。

FTT マイクロ熱量計(ASTM D7309)は連邦航空局(FAA)との協力で開発されました。基本の熱化学データをわずか数秒で決定し、材料の火炎燃焼特性を予測します。

この技術により、非常に少量の(1-5mg)標本から、比熱リリース率(W/g)、燃焼熱(J/g)および発火温度(°C)のようなパラメーターを迅速に決定できます。低コストで正確な技術で、典型的な繰り返し精度は±5%となっています。

マイクロ熱量計のデータは、引火試験データ(コーン燃焼系、OSU)、可燃性試験(LOI、UL94) および燃焼試験(ボンベ熱量計)結果と関連することが示され、可燃性特性を評価・予測できる、強力で低コストのツールと見なされています。

FAA FTTマイクロ熱量計は、 FTTのベンチおよびルームスケール熱量計と同じ酸素消費量熱量測定技術を使用しています。標本は、最初に熱分解装置で、一定の温度上昇率(典型的に1°C/s)で加熱されます。また、分解された生成物は、熱分解装置から不活性ガス(窒素)によって除去されます。ガス流は酸素と混じり合って、900°Cで燃焼器に入り、分解生成物は完全に酸化します。燃焼プロセスに関与する酸素消費量は、燃焼ガスの酸素濃度および流量率を使用して決定されます。また、これらの測定から発熱速度が決定されます。

機能と利点:

  • 数分で定量的試験結果を生成する能力
  • 温度とガス流速の自動制御
  • 小量標本サイズ(1-5mg)
  • 両方の炉の過熱保護
  • 燃料電池など部品すべてに便利にアクセスできる取り外しリヤカバーで、保守作業が容易
  • デュアル電圧、96ー264VAC、50-60Hz(スイッチの必要なし)

ソフトウェア:

Instrument Supplied with Software at no extra charge. Software updates provided free of charge

Fire Testing Technology

Unit 19, Charlwoods Road, East Grinstead,
West Sussex, RH19 2HL, UK

Tel.: +44.(0)1342.323600
Fax: +44.(0)1342.323608
Email: sales@fire-testing.com

Company Reg. No. 2387681
VAT Reg. No. 528.0253.63

    ja日本語
    Scroll to Top
    The current volatility in the global supply chain is causing raw material demand to outstrip supply. In addition the effects of the COVID pandemic and the current world-wide shipping crisis has led to delivery times on some of our products to be longer than we would like.
    Please be assured we are working hard to deliver your orders as quickly as possible and are doing everything we can to improve on the lead times provided.